今では「食い倒れ」「お笑い」の街として象徴される「道頓堀」は、
  古い文献によれば江戸時代(幕府将軍職=徳川家光)の1625年には、
  安井九兵衛らが、随所に点在していた芝居小屋を、この地に集めたの
  が、道頓堀の街の興りとされています。
  1652年には、歌舞伎の檜舞台として、つい最近まで脈々と続いてきた
  劇場 (中座、角座、浪花座) や、文楽劇場 (竹本座、豊竹座) が続々と
  オープンして「世界随一のエンターテイメント街」をかたちづくり、
  芸能・芸術の中心地として栄えてまいりました。
 
 
  いまから遡る事、350年前より"元祖ブロードウェイ"として栄えてきた
  道頓堀は、現在では松竹座を残すのみ、映画館は姿を消し、地元の客足
  は遠退き、外国人観光客や、公営ギャンブル客の目立つ街へと変化して
  しまいました。
  また、昨今の不景気が文化行政にも影を落とし、これまで大阪の文化を
  担い支えてきたクリエイターが作品発表の場所を失いつつある現状にも
  危惧をおぼえます。
  このような厳しい社会状況の中で、2002年9月に火災消失した旧中座
  跡地に、一昨年、小劇場施設をもつ『中座くいだおれビル』が再建され
  ました。この恵まれた立地を得て、地域文化の活性化とアーティスト、
  団体の発表と連携の場を創出することを目的に【道頓堀芸術祭2010】
  を開催することになりました。
 
 
  今回の【道頓堀芸術祭2010】では、アートの「今」と「今後」の可能
  性の表現をテーマに、各アート団体により推薦されたパフォーマンス、
  映像作品による高レベルなプログラムを、3つの異なる空間で時間差
  上演/上映し、オーディエンスは、3つのアート空間を自由に行き来し
  てプログラムを観賞・ご参加していただく内容です。
  時代の閉塞感に不安感じ、ポジティブな思考が難しい現在こそ、大阪で
  活躍するアーティストの底力とそのエネルギーを肌で感じていただき、
  皆様が元気と活力を充填する場になることを期待しています。
 
  【道頓堀芸術祭2010】企画概要
  名 称 道頓堀芸術祭2010 【通称DAF】
  開催場所 大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル4F
  【studio ZAZA 】 TEL 06-6212-3005
  開催日時 2010年2月20日(土)/21日(日)
  14:00〜20:00 (6時間)
  開催協力金 前売 3,000円  当日 3,500円(1日券)
  お問合せ 090-8375-2332/goldfingers@r4.dion.ne.jp
  担当:三村康仁
  主 催 大・道頓堀文化祭実行委員会
  企 画 GATE OF DRAGON
  後 援 大阪府、(財)大阪観光コンベンション協会
    大阪商工会議所、御堂筋アートグランプリ
  協 力 (株)バイタルアートボックス、(株)イーガー、
    バンタンデザイン研究所、(株)月眠、蜂企画
  青空株式会社
  協 賛 ターナー色彩(株)
     
  【道頓堀芸術祭2010】運営スタッフ
  プロデューサー 三村康仁 (GATE OF DRAGON)
  ディレクター 古谷高治 (digmeout/GATE OF DRAGON)
   

筆谷亮也、丸岡未和、ヒロセメグミ、笹山太一

    泰基我山
  参加団体 LETTEr ARTS実行委員会、新聞女Gallery、
    A-yan!! 関西をアートで盛り上げるNPO
  輪音プロジェクト、釈我夢、WHOLE 9、
  LIVE ART PROJECT、Mengenlehre、Asohgi、
    MAYA BELLY EARTH COMPANY、ごちゃきっず
    アニマパワー、溺れたエビの検死報告書、EGG、
    御堂筋アートグランプリ、brape、
  浜崎健立現代美術館
 
  【道頓堀芸術祭2010】宣伝美術スタッフ
  Art Director 木村丹穂 (aozora inc.)
  Graphic Design 谷 優人
  Web Design 石野まゆ
  印 刷 印刷会社グラフィック、 (株)キングプリンターズ
 
Copyright:(c) 2010 Dohtonbori Art Festival Committee. All Rights Reserved.